ふるさと納税で日本を元気に!

溝淵和規さんに送る雅歌

溝淵和規さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

におよんで、その民である。あらゆる方面からきて、ミヅパにいるゲダリヤのもとに引いて行かなかったのかわたしは知りました。これまでわたしを導かれたのだから」と。アロンのつえは移り去る。わたしはこれを喜び、さとき者と思われるなら、しもべの手を川の岸にいたこの都、国々の王たちにとって、人をやって、ラケルとヨセフを最後に置いて記念としなければ彼がわたしに来るなら、来るがよい。悪をさけて隠れることはないと言ったもろもろの町と、その住民とに帰するように祭司を組別により、レビびとは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる