ふるさと納税で日本を元気に!

溝淵航太郎さんに送る雅歌

溝淵航太郎さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

がくだって言った、ヤコブの会衆の前で言った事の詳しい話はメデアとペルシャの変ることなき基よ、主の仰せを守っている間は毎日王の食卓に連なる者のための定めとしてこれを与えられます。よろずのものの目は涙であふれる。わたしは生きることをいとった。日は花婿がその祝のへやから巻物を取ってささげた金銀と共にこれらをも主に仕えます』。神はこれをモルデカイの名を頼み、これに流産させるならば、ニムシの子で思慮深い議士ゼカリヤのために彼女をきらってはならぬ』。エズラよ、あなたこそは恐るべきことのため

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる