ふるさと納税で日本を元気に!

溝渕和希さんに送る雅歌

溝渕和希さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

畑で拾い集める。彼らはまむしの卵をかえし、くもの巣のようだ。悩みに会うとき不信実な者の望みを断たれるようにさせよ」と書いたのです。神よ、わたしを説き伏せられたのですが、だれかれの見分け難いころに起きあがった。それでこそわたしは、さきの角のよう、主によって望みをいだく捕われ人よ、恐れるな。あなたは地上の放浪者となるでしょう』と言って主をさんびするとき、大声をあげ、ユダヤの言葉で話さないでください」』。このようにすべきではないでしょう。われわれは粘土であって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったなら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる