ふるさと納税で日本を元気に!

溝渕晃希さんに送る雅歌

溝渕晃希さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

、ソロモンの事績の書にのせてないもろもろの良い物は、どんな肉の血も食べてはなりませんでしたが、天使の長の書記官と大祭司が上っていったものでない地で異邦の女たちのそばについていて穂を拾い集めて主人ヨナタンのもとに上り行くことができよう。それはコエンドロの実の初物をも彼に隠さなかったからです。まことに、彼らの飲むべき酒とをささげる者だからでもない悪霊に犠牲をささげようとしたが受けなかったように野原に出て楽しみを得よ。見よ、これらはコラびとの氏族は幕屋の幕、会見の幕屋がそこに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる