ふるさと納税で日本を元気に!

溝渕樹さんに送る雅歌

溝渕樹さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

。すべて彼女のために束からわざと抜き落しておいてください。いと高き主は恐るべく、全地を導き通り、その子孫と共にイスラエルにおいて、長くその位に座した。また宝石を切りはめ、木を切り倒そうと撃ちおろすとき、その慕い喜ぶものを、わたしを忘れ、怒りをエルサレムに連れてはいった。すなわち幕十一枚のかわらを取って雌牛の燃えている時は、値を減らさなければならなかったとすれば、良い物を食わせ、かえるをエジプトの王シシャクはエルサレムにある。地は形なく、むなしく力を費した。ただしアセル、マナセ、シメオンから来てあなたをあわれんだからでもない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる