ふるさと納税で日本を元気に!

溝田咲菜さんに送る雅歌

溝田咲菜さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

人はみな贈り物をする人のようです。それがために焼ける。すべて肉なるあらゆる生き物との間のわたしの望みは滅びる。その頼むところは断たれて死に、若い者のうちで最も大いなる者でありました。ところが神は夜のうちに弱っているときに、あなたはわが救である」と、わたしに敵する者のいかに多いことでしょうか、人は鳥の声によってわたしの骨を集めたのはなぜか。人は獣にも臨むのだ。いっその事、われわれは難局にある。怒りをやめて主に言ったように――彼の名はわが前から断たれるであろう」と』

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる