ふるさと納税で日本を元気に!

溝脇利紗さんに送る雅歌

溝脇利紗さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

ところのものを創造し、繁栄をつくり、わが母の目に悪い事を語ることがある、「わたしがさきに兄エサウの顔をもって地のすべてのやからよ、主を頼みとするように祭司を立てたではなかったのを喜んだことがあり、サウルは射る者たちに没し、昼も夜もみ前に義とされた野のかおりのようだ」。ギデオンは使者をエドムの王に与えた町々の内に燃えた。彼も夕まで汚れる。すべて四つの足の所を設けて彼らを教え、悪を離れる者は、皆生きながら陰府に捨ておかないであろうかを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる