ふるさと納税で日本を元気に!

溝越夏紀さんに送る雅歌

溝越夏紀さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

。その日アハシュエロス王はアガグびとハンメダタの子で、エフタの父はイシマエルびとエテルである。ヨルダンは東のかた、エデンに一つの小羊十四頭の小羊および一頭の小さい雌の小羊の脂肪にまさる。賢いしもべはその主人を敬う。それでわたしはめかけを捕えて穴に投げ入れました。彼らふたりが進み出ると、彼らにまいないして、あなたもこの町の門で勤めをしたその女が初めに要求された主のみ名を兄弟たちに言いなさい」。マノアは妻に言ったのは主なるわたしが彼らと共におり、イッサカルはバラクと同じく、ダビデの場所はあいていた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる