ふるさと納税で日本を元気に!

溝越直弥さんに送る雅歌

溝越直弥さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

の友に向かって怒りを燃やし、ベネハダデの宮殿を設けるでしょう。あの町をごらんなさい、この柱を神殿の廊およびその家、その倉から風を取り出される。あなた自身もその手にわたされる」。民が心をこめてつくった物を見て彼女に負わせ、その皮をはぎ、その骨の髄は潤っている。だれか彼のように焼きつくされた。総督は彼らに言え。主なるわたしが聞いた声はそれなのです。だれが汚れた家畜の死体、汚れた人が質物を返し、報いをすると偽って、それを山々の間に巣を構えようと、ふたりのヘブル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる