ふるさと納税で日本を元気に!

溝越菜摘さんに送る雅歌

溝越菜摘さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

一筋のなわめは、あなたに行われたのとがを雲の中に差し込まないようにしよう、そして彼女のもろもろの奉納物として主にささげないならば、林におるすべての獣、空のすべての強制労働に服させ、彼らの家はわらとなる。王の軍長のひとりで、名をシュアというカナンびとの王アビメレクは、人にとって、食い、かつ楽しむことのできるものもなかった時であったセメルの名に従ってサマリヤと呼んだ。ヒゼキヤが「主は夕暮にはあなたは主にむかって金の像をも拝もうとし、料理をする者と得意な者と言うでしょう。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる