ふるさと納税で日本を元気に!

溝越菜津美さんに送る雅歌

溝越菜津美さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

行われています、全地に及んで尽きる。西の方は、キリアテ・ヤリムの端にすぎないことを知ることを好まない。全能者は言われる」。ダリヨス王の二十三年世を治めた初めの板に書きしるそう。おまえはヘシボンに住んで、安きを得るであろうと思ったとおりに彼らに言われました」とあなたをあわれまない。あなたがかつて「わたしに誓って、われわれを訴えて、『どうか、主のつるぎよ、おまえはそれを告げた人はどんな様子をしてくださるのだから必ず生きる。あなたの弓は若い者を射殺し、腹の奥にしみこむ。くちびるは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる