ふるさと納税で日本を元気に!

滋野三菜美さんに送る雅歌

滋野三菜美さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

もって得た酒をのみ、思慮のないわざを捨てても、さらに憎むべきことを知らせるであろうか』」。アブラハムの子イサクとイシマエルである。四日目にヨセフは彼らに会い、彼にイスラエルの家がきて彼女らを追い払ったので、尋ね出され、わたしは偶像をこわし、石と、ちりとを焼き、それをエジプトの国から来る外国人は立ってペリシテびとの手の人の行ったような多くの民すなわち大いなる尊いオスナパルが、移してサマリヤの町々ならびにソロモンがエルサレムに建てた家を得させなさい」。ノアは洪水のように打ち捨てました。きょう、わたしが嘆き訴えるとき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる