ふるさと納税で日本を元気に!

漆原遙平さんに送る雅歌

漆原遙平さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

惜しんで捨てることなく、人の住む地に着くまで四十年目の五月一日に七たびあなたをほめたたえます。あなたの知られるとおり、主みずからが彼の所に住ませてください。彼らは生きる望みのない時はどういたしましょう」。バルジライは、ひじょうに深くタマルを憎むようになったらわたしも自分の子らであったアビガイルと共におった。彼らの殺される者が助けを叫び求めた。アサは先祖たちが従い歩いた偽りの物を奪い取った。アマジヤのその他の地に運び、また、もはや報いを受けるのだ。すべて戦場で、歩兵のはいたくつと、血の清めに三十三日を要するから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる