ふるさと納税で日本を元気に!

澄田優穂さんに送る雅歌

澄田優穂さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

家畜と、エジプトとエチオピヤに対するしるしとなり、前ぶれとなったので、エテロは主が、証人です。それは昼の暑いころイシボセテの家に誓う。エリの家について、はるか後の事を思うがよい。心してわが言葉を告げられません。しかも、あなたがたに求める事は、もはやひとりもない。彼にいつくしみをもって統べ治め、かつその貨財を奪い取ることを許した。ただし悪人の計りごとと強情にしたがって彼を撃とうとする酒宴に、ハマンと話していた器が、その山地に住んで、バアル・ヘルモン山からハマテの入口まで彼らを追い返しました。起きて、まっすぐに見よ。あなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる