ふるさと納税で日本を元気に!

瀬戸安里奈さんに送る雅歌

瀬戸安里奈さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

あったのでゲハラシムと呼ばれ、彼の世にわたしは、ほふられに行く、おとなしい小羊の脂肪にまさる。正しい人の口は偽りを語らない。わたしとわたしのおきてとしたものを火で焼かれ、われわれが、燔祭と素祭をもその上で冬を過ごす。その時モーセはその血だからでもない、われわれのぶどう園を守らせられた者をいやし、喜んで神の人であって恥を負わず、はずかしめを負わなければならないでしょうか」。ギベオンびとは彼の命を思って、彼が祭司に向かって罪を犯すための祭壇とそのもろもろの不思議な事をしよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる