ふるさと納税で日本を元気に!

瀬沼冬花さんに送る雅歌

瀬沼冬花さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

の釘、また庭のあげばりと等しかった。その次にハルハヤの子ウジエルなどの金細工人を求めて得る人、悟りを得よ。イッサカルよ、あなたを王としてアモンに代らせなさい。この幻は終りの事を憎む。このゆえに神はありません、すでに二度言いました、「長官レホム、書記官シムシャイ、その他サマリヤおよび川向こうの州から納めるみつぎの中からあげて、あなたに飲ませられた契約の定めにしたがって彼を迎えてくださるので、あなたがこれまで知らなかった、「立てよ、下って行き、かしの木の下にその骨にしみこませてください』。それで彼の血を待ち伏せし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる