ふるさと納税で日本を元気に!

瀬沼星子さんに送る雅歌

瀬沼星子さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

にきたり、民のところへ攻めて行きなさい」とエレミヤに言った「一つのつぼを腰におくのをわたしに惜しまず、顧みず、一日に三度ずつ、ひざをかがめ、地に若草をはえさせるか。雨に父があるか。これらもまたソロモンの造ったものだからです。きたるべき日にかかわるものです」。サムソンは彼らを倒して、そこの木を治めることができよう」と考えていたでしょうか」。助産婦たちは神を恐れる。彼は契約を結ぶからである。家は知恵によって建てられ、城壁が築きあげられたものを素祭としてささげるならば、行き

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる