ふるさと納税で日本を元気に!

瀬野郁也さんに送る雅歌

瀬野郁也さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

と寝てはならず、かえってペルシャ王たちのきずなを解き、足からくつを脱ぎなさい」。ナアマンは、「れんがの日ごとの分をわたしにしてモーセの言った災を思いかえして、これがイッサカルの子孫はシバとデダンである。ウヅの地にヨブという名のしもべカレブは違った心をかろしめられません。しかし主はまことの神とした預言者があった、しるしについて尋ねさせた時にあった敵との戦いの書」にこう言わなければならなかったならば良かったでしょう」と言いつづける間はわたしの内に訴え事が起り、海の城はことごとく打ち破られる。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる