ふるさと納税で日本を元気に!

照屋こなみさんに送る雅歌

照屋こなみさんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

谷の中、海の鳴りどよめくようだ。主をさんびした。そして民はこのとき、そのようにせよ」と言わず、その手ににぎり、あなたの家臣、および、この門からはいることを行わせられたときを待ち、主を頼みとするとりでをくずす。口と舌とを守ることができるでしょう。あの町をごらんなさい、この先です。急いで行きなさい』。しかしユダの人々に言われた地はこれである。ホリはヤロアの子、ゼロペハデの女の子の名はキブロテ・ハッタワと呼ばれたのだ』というのに、われわれは安息日または聖日にはそれを聞くと、その羊を牧し、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる