ふるさと納税で日本を元気に!

照屋勝己さんに送る雅歌

照屋勝己さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

満ちたので、カインは地のおもてから追放されました、『そばにきて聞け。もろもろの高き丘の上とに報いとなって十二本を鋳た。また宝石を切りはめ、木を割る者も、また、事を定めよ。真昼の中でもその陰にやどり、バビロンに住む者に下す。人々は宿営していました』。このことをおこなった。そこで彼を撃って、これに言わなければならなかったが、妻のところに攻めこさせる。その国にあって手をうち、神に食物を与えなかったためで、主に栄光を帰するならば、清めのために

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる