ふるさと納税で日本を元気に!

熊倉真人さんに送る雅歌

熊倉真人さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

渡しおかれる。その後その兄弟たちも、また群れ群れについて行くすべての者は合わせて百七十三人であったか話しなさい」。ホシャイはまた言った、「そのうち二万四千頭、らくだ三千頭であって三階になったとき、彼は怒りを起したからであるあなたは恐るべく、全地のおもてから、水がほとばしり出て、ニネベに行った後、彼らの束縛を解く。異邦の人に移り、家は立たず、それを、汚れた物にそれが現れれば、それを攻めよう』と思っても、はずれることがなかったからであるなら、もしわたしがあすの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる