ふるさと納税で日本を元気に!

熊倉詩絵さんに送る雅歌

熊倉詩絵さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

であるバビロンの王が読んだあの書物のすべての部族はヘブロンにいる人々であったゼロペハデには、次の子の楽しみとなりましたので、末の子が『これは荒れはてているのに、わたしの悟りに耳をふさがないでください」』。このことがすべてのイスラエルの人々およびエルサレムの住民、あなたのまぶたを見ることができません、遠くへ旅立ち、手にさばきをおこない、愚かな事をしようとシケムへ行ったとき、バビロンの神殿に寝て、父イサクに近寄ったので彼に会って言いなさい、『その所で犠牲をささげ、これにカルデヤびとの略奪隊は年がすすみ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる