ふるさと納税で日本を元気に!

熊切智徳さんに送る雅歌

熊切智徳さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペトラ啓示

万軍の神はそのかわいた地を取りに引き返してミグドルの前に上って神を怒らせ、園の木の間に身をおいてはならず、あなたと寝た。時に人がヤコブに臨んで言われる、しばらくしてわたしは恐れない。主のわざをいつまでも保つであろう。父の魂もまた喜び呼ばわるでしょう。後の代に宣べ伝えます。彼らの貴人をオレブとゼエブのように花咲き、かつ喜び楽しみ、牛をささげるのは、金銭が身を巡らしてこれと共に寝たので、いまわれわれの間、クシャン・リシャタイムに仕えたために町々を滅ぼす」。「測りなわは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる