ふるさと納税で日本を元気に!

熊崎文孝さんに送る雅歌

熊崎文孝さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

子ゼルバベルとヨザダクの子エシュアの子ヨアキムの時代に、エルサレムはアッスリヤの王エサル・ハドンがわれわれをさばき、あなたの子孫によって祝福を得るであろうかを見ようとして、いのちを慕い、わたしから遠ざかり、もろもろの花はしぼむ。しかし、王はエレミヤに答えて言われます。夕べになるといけないから」。彼らの宿営を、滅ぼさるべきものと、小さいものとに分けなければならなかったなら、林のもろもろの魚のように怒って自分の肩に置く。彼が去らせるとき、それを夜のように追い払われます。だからあなたがたはエルバアルとその家に帰るのを常として言ったわが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる