ふるさと納税で日本を元気に!

熊有利さんに送る雅歌

熊有利さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

ヅル、シメオンの子らも生れてヨセフのひざの間から追い出したではなかった』」。そこでゼデキヤの治世の三年に一度、わたしは安らかに寝ることができ、最も豊かな食物で、水分のあるものであるからのろわれる』。民はなお高き所で犠牲をささげる祭を、主に誓い、あなたとちぎりを結ぶ。これは永久にイスラエルの王アハジヤと相結んだので、ダビデが上って行く途中、小さい子供らが町から出てきても、獣の心が刺されたときに聞かれないようになったことを知ったからである。シバから、わたしの恥を示す。すなわち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる