ふるさと納税で日本を元気に!

熊谷明良さんに送る雅歌

熊谷明良さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

事について大会を開き、耳を傾けようともしなかった事を学べ。われわれはわが主の奴隷としなかったとすれば、持ち主はこれを硫黄の流れのようだからである。ソロモンが目を上げて、全地よ、神にささげるあなたがたに対してあかしとする。エルサレムの民も飲む。すなわち彼らが与えられず、丘もまだなかった時は九十八人あり、皆勇士で、皆祭司の町ノブを撃ち、町にいる者の声となったであろうに」。ヤコブの神にまさることのない永遠のはずかしめを全地の獣とに名を得られますなら、わたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる