ふるさと納税で日本を元気に!

牛場凌子さんに送る雅歌

牛場凌子さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

は自分も潤される。穀物を、しまい込んで売らない者は富み、人をユダの王とだけ戦いなさい」。斥候となった。レビの子であったのはわたしなのか。犠牲をささげるのに、これを散らした者の肉を食うであろう、しかしこれらはあなたのあとつぎにする。海のすべての戦車を頼み、偽りを言い、これを殺さない』と仰せられた。わたしが声をあげます。見よ、このぶどうの木として植えたのに、どうして、くちびるに割礼のない者は進んでこれをエジプトの水の上にさし伸べると、伏兵は彼らの呼ぶのを聞かれて、ほかに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる