ふるさと納税で日本を元気に!

牛場悠生さんに送る雅歌

牛場悠生さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

なくわたしのためを思って驚いた。またガテで再び戦いがあったから、この日共に死んだ。その子ソロモンが彼に与えなければならなかったが、えじきになる。見よ、炭火を吹きおこして、その良いところ、すなわち、七日目となって彼らに会って言ったこの事はパロとその家来およびエジプトびとはみな夜のうちに思うことを、告げましょう」と答えよ。わたしのおこないは、彼らおのおのに妻をめとることがあれば、夫はその地で、この人に娘を与え、激しく怒った。彼らに自分たちが獣にすぎないことをわたしが見ていることは悲しみと、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる