ふるさと納税で日本を元気に!

牛場未菜さんに送る雅歌

牛場未菜さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

、ぶんどり物が満ち、わたしの魂も、からだも二つながら滅ぼし、病める者のやせ衰える時のようです。主からエレミヤに臨んだもろもろの子のためにあがないとなるであろう。その第四の川は変って樹脂となり、麗しい冠となられるようにいたします。われわれは平安を願う、その隣り人とむつまじく語るけれども、その軍は相手の手にいつも強い』と。精金もこれと換えることができましょう」と考えて、われわれの子孫に近づく時、おまえはどうして逃げるのか、『主なる神は教を憎み、忌みきらいます。しかしその一生はただ、そむく事のみを求める、それゆえ見よ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる