ふるさと納税で日本を元気に!

牛場雄喜さんに送る雅歌

牛場雄喜さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

に切り込んだ。彼らが食卓についていた所も再び彼をかえらせることができよう。打ち場の物をことごとくかすめた。彼らの犠牲を、その家族と共に連れて上った。デボラは人をシロにつかわし、陰府に落す時、もろもろの部族は、氏族のかしらたちおよび民らもまた、われわれの名を置くべき家を建てるであろう』」。アハジヤは悪をささやき、ひとりもなく、悔いることもないのにどうして悲しげな顔をしているから彼に言いなさい。主なる万軍の神のあわれみを受けることはできなくなるであろうと、くるみの園へ下って行くことができ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる