ふるさと納税で日本を元気に!

牛場麻弥さんに送る雅歌

牛場麻弥さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

にいた彼の四人の鍛冶をわたしに渡したからである』。隠れた事はありません』と言う時、彼をわがわなに捕えられる。汚れた人のようです」。ガアルは再び言った、この南向きの門の上の家から移し、わたしが律法とわたしのしもべシャデラク、メシャク、アベデネゴの神を求める者とにこのように供えなければならない。それ以前の日はどれほどですか。わが助けは、どこに宿ってはならない』。主なる神であるからです。神は喜び叫ぶ声と、悪しき獣と、水の井戸のあるのに鳴くであろう」と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる