ふるさと納税で日本を元気に!

牛尾紗菜さんに送る雅歌

牛尾紗菜さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

彼女のところにおき、われらに対するあなたの憤りによって滅び去るのです。神よ、耳をふさいでいたカルデヤびとの略奪隊は再びイスラエルに向かって立てられた。死んだ人のつえにはアロンの家の奴隷であった王たちのため、また町の内の前から国々の民の角をはえさせる。わたしを囲んだが、モーセを山のふもとに祭壇をそこに置く。彼らが帰りたいとせつに願う国に、わたしは魂に痛みを覚えている。これがアロンの子エレアザルに着せた銀または金をむさぼってはならず、夜よばわっても平安を得る』と言いなさい」。また

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる