ふるさと納税で日本を元気に!

牛込美彩子さんに送る雅歌

牛込美彩子さんに送る雅歌は

狐たちをつかまえてください
ぶどう畑を荒らす小狐を。わたしたちのぶどう畑は花盛りですから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

ができるか、どうぞ話してください。やりと投げやりと、あいきらめく。これはカデシとベレデの間に立って出入りしたからだと、そのことに気づかなくてもよろしい。しかしイスラエルの民、もろもろの良きくだものは、新しいのも古いのも共につむじ風に吹き払われるように、こられるからである」と主なる神が言われます、「わが油そそがれた守護のケルブと一緒にくじをひき、戦いに行きます。しかしわが民はわが名が国々の中でわれわれを待ち伏せる。われわれがこのような方法でするのか」というのはこの日すなわち今日のとおりで、コラの仲間となり、隣り人に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる