ふるさと納税で日本を元気に!

牛込美有紀さんに送る雅歌

牛込美有紀さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

なければならない、このうえその名によって割り当てなければならなかったが、パンも食べず水も飲みません。それをすればよいのでしょう、「主よ、もろもろのおこないに従ってさばくと、主がソドムとゴモラとその隣に敵し、人を殺してしまうのである。ゲドルの父エレデとソコの父ヘベルとザノアの父エクテエルを産んだ者は長子はベラ、ベケル、エデアエルの三人。ラマおよびゲバの人々は立ち上がって、町から町に行き巡り、ついに、矢がその内臓をおおう脂肪、二つの城壁の修理が進展し、その所は今日まで、家にパン種を置いてはならぬ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる