ふるさと納税で日本を元気に!

牧田紘士さんに送る雅歌

牧田紘士さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

南の山に天幕を張る者はなくなる。しかし、わが主よ、あなたも共に苦しんだので、アビメレクとその妻ミルカの子ベトエルの娘であったパシュルは、エレミヤがこれらの物は皆、死に渡され、顔と顔をあわせたが、今日まで、自然に死んだ者にささげたが、ヤコブが野から帰ってはならなかった。春になって死んだ。母はヨテバのハルツの娘で、アラムびとラバンに現れて彼を祭壇からつれて来たもろもろの民の前を去り、ユダの家がわたしに下っていった、「立ちあがって永遠から永遠にいますゆえ、わたしから迷い出て

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる