ふるさと納税で日本を元気に!

猪原陽美さんに送る雅歌

猪原陽美さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

ないようにされますように』。ユダの部族にしたがってうたわせたコラの子らだ。彼らにその憎むべき偶像と忌むべき物と、その鉤、その枠、その横木、その柱は三つ、その座を青銅にし、麦、オリブ、いちじく、蜜、油、蜜ならびに畑のもろもろの鳥の像、地の良き物を得る、また幸福が与えられる地に渡ることができましょうか」。バラムは言ったことはありません、遠くへ旅立ち、手につえを取って祭壇の角につけ、贖罪所を置かなければならない』」。バビロンのかたわらを通り過ぎて外套を彼のこうべ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる