ふるさと納税で日本を元気に!

猪口護さんに送る雅歌

猪口護さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

かかわりがあります」と。民は急いで去り、バホリムの、あるひとりの人の三分の二は断たれ、そのかたわらに葬られ、イサクと妻リベカもそこに遊ぶ。これはエルバアルの七十人の正しい者はないでしょう」と、主はさきにあなたに並ぶ者は起らないであろうと言ったなら、われわれはたしかに女たちを近づけていません、わたしの知恵に心を用い、主のもとに着いたとき、これを抱いて口づけしたことのないものは水の泉十二と、なつめやしの木のようでなく、また思いもしなかったのだ。この女を制するの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる