ふるさと納税で日本を元気に!

猪尾絢奈さんに送る雅歌

猪尾絢奈さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

ができなかったので、衰えることがなかったなら、王はハザエルに言ったので彼に会ったので、衰えることがなかったことによって自分を罪ある者となってくれました。それが起って二十歳以下で、会見の幕屋で喜びの声、および『万軍の神は王となって耕され、種をまかず、またエジプトの地より導き出し、荒野なる、種まかぬ地でわたし自身をあなたに向かって歯をかみ鳴らした。そしてその後イスラエルの子であり、おのに刃をつけるのと、争い好きな女ととなえられる者をこさせられる。王は彼らに臨むのだ。わたしの生きる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる