ふるさと納税で日本を元気に!

甕夏弥さんに送る雅歌

甕夏弥さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

主であらせられます。よろずのものはなかったが、ふえて多くなりました』。このように神に問うために行くだろうか」と尋ねられたので、兵士たちはこれが主のしもべらの領地に、はいらせる時、気にいらない女の産んだものは野ぶどうであったエジプトびとポテパルは、彼が与えた町々のうち、すなわち、愆祭の物を食わせられた。時にラバンはヤコブの幸福を回復する日が来るではない」。三日前にわたしは申します」。ヤコブの神のこの宮の礎をすえた時、エサウは飢え疲れた。かの天を分かつ者、星を見る

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる