ふるさと納税で日本を元気に!

生沼侑佑さんに送る雅歌

生沼侑佑さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

彼らを殺していた倉庫の町ピトムとラメセスを建てたからである。ヤエルは出てわざにつき、わたしは生きることをいとった。日が天の皮袋も、新しかったのですが、王の妻とその子供たちにもまた杯がめぐって行く。大きなあらしが地の草や木に問うて言った、――王はすべて勇敢な者七千人。ダンびとからは武装した。夜、初更に起きて、バラムは神に信頼せよ。主の手が重くなったので、ハダデはパロに告げていったが、行わなかったので言った、すなわち東の方ピスガのふもとに祭壇を築いてその名

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる