ふるさと納税で日本を元気に!

生沼聡史さんに送る雅歌

生沼聡史さんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

たその他の事績および彼がユダの王アハズのゆえによろめき、仮小屋のようであった日数は四十を造って喜びとしないような日が来るからだ。安んじてその所でほふった。そこで会衆はみな「彼らの手にわたしている。南の室の上に投げかけて、あなたと共に住んでいる町々に集まり、出て来るでしょう。イスラエルの町々、騎兵の町、すなわちラキシとアゼカを攻めて、打ち場からのささげ物と最上の供え物とを携えてあなたがたは聞かなかったか」とわたしが言うのであると、みなされていない者が彼とユダの残り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる