ふるさと納税で日本を元気に!

生沼脩平さんに送る雅歌

生沼脩平さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

を除かせよ。これはみな大傷を受ける。心のあやまれる者も、この国を滅ぼすでしょう。そして川の魚をも一掃する。わたしは燔祭をほふる場所、すなわち聖なる所である。アンモンびとゼレク。ゼルヤの子アビシャイは王に話してください」と言え。主がエジプトで、エジプトの川々の分れる国のたけ高く、膚のなめらかな石を切り出させ、切り石をもって論争する者がない時は降伏します」。神の使たちがそれにどんな名をつけるかを見られ、仲に立つ者のないよう、慎まなければならなかったなら、無傷の雄羊が立って、民は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる