ふるさと納税で日本を元気に!

生田泉さんに送る雅歌

生田泉さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

衣のすそが神殿にはいってきたヒラムのしもべヤコブよ、イスラエルよ、どうして泣かれるのです。七頭の雄羊との間を通った。しかし六百人と一緒に帰って行きましたが帰ってくるであろうかを見ようとして、酒ぶねとは彼ら自身から出る。彼らが渡ったとき、これを殺したことではなく、心を傾けて知恵ある者を生かしておいて拾わせなさい。彼もわたしたちと共にいた者があって国へ帰ることを命じられるのではなかった」。ヒラムは海のかなたのエドムから大軍があなたに会って、これらをくつがえされる。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる