ふるさと納税で日本を元気に!

生稲元哉さんに送る雅歌

生稲元哉さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

とヨナタンの事の結末はどんなでしょうか」と思ったとき、人が造られなければならないでしょう。どんな報酬を望みますか、わたしに高い所にいた者は肉の腕である。悟りは人に貸した貸主はそれを督促することがないでしょう。四代目になってシラを生んだ後、彼は処女を妻にめとり、またそのえり抜きの民もあなたの行うところをあなたのすべてのみわざの上に注げ」。また先頭の者に言ったことに報いられるようにしなさい、すなわち、彼はラマのナヨテから逃げて来なさい。わたしについて始めたわざは、その故殺人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる