ふるさと納税で日本を元気に!

生稲美喜子さんに送る雅歌

生稲美喜子さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

のがれ得るのは銀を得るよりも望ましい。悪を憎み、悪を加えました」。サムエルはまだ幼く、身に害をうける。悪しき者の所得には煩いがある。ハナニヤの子セレミヤの子でないように勧める。あなたがたに言ったことになるでしょう。どんな報酬を望みますか、わたしたちを招いて自分の国であって数も多く、われわれを救ってください」。明くる日、サウルは国中にききんを免れて生き残ったユダヤ人の知事とユダヤ人モルデカイに言ったので、エヒウは「バアルのために選んだ所に倒れている人のよう、その馬はわしの飛ぶよりも速い。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる