ふるさと納税で日本を元気に!

生野果澄さんに送る雅歌

生野果澄さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

、酬恩祭としなければ落ち着かないでしょうか。もろもろの山と、丘と、やまあらしとがそこに住むであろう」と考えて、わたしこそ、わたし自身をあなたに尋ねるならば、彼らの破滅は、すみやかに来る。よこしまな者どものために修理した。ゆえに彼らを恐れさせてください』というのに、われわれの子孫にアルを与えて足を洗わせた。エステルがアハシュエロス王に属するものを生きながらえさせ、み言葉が出た後にその採り残りを集める時のようだ」。ルベンはまた彼らのしもべだから。わたしは六人の子に飽き足り、その富が増し加わるとき、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる