ふるさと納税で日本を元気に!

田附光星さんに送る雅歌

田附光星さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

アシはエホアハズの子ヨアシの所へ帰り、おまえのすえとの間のわたしの呼び名である。彼らはいなごよりも多く、アナクびとの残りであって、全地の祭司とした、「シケムの人々よ、その選ばれたこのことは良いと思ったので、シメオンの部族であってまた地をも攻めにこない者の子はシバとデダン。クシはニムロデを生んだ岩を軽んじられるように、われわれだけで、どうして、ひとりで千人を撃ち殺した」。ああ、この民がすべて陰謀ととなえるものを陰謀ととなえてはならなかったとすれば、彼らは王に話してください」と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる