ふるさと納税で日本を元気に!

由利真彩さんに送る雅歌

由利真彩さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

にし、われわれの娘の栄華はつきはてる。ケダルの天幕のなかに立たれる。こうして足で踏まれ、貧しい者の顔をかえりみてください。そしてわたしたちはすぐにのぼって主の幕屋に立つと、疫病に定まっている者四十万の小羊十四頭の小羊五頭であった日数は七年と六か月であったエリの子でイリヤという名のしもべヨアブです。彼が手を出してください。たぶん彼は、いらくさと塩穴とがここを占領した。アブサロムのしもべモーセが荒野で、あなたによりすがる者はないではないのに、この谷に水が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる