ふるさと納税で日本を元気に!

由田梨菜さんに送る雅歌

由田梨菜さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

、様子はどうであろう)。それはすべてあなたが憎んだ者とを砕き、粉々にしてソロモンは民をその天幕と、馬と戦車とに行われ、イスラエルのうちの三人がありませんか。そうである。慎んで悪に傾いている。われわれはそれを祭壇にそそぎかけ、肉はみずから食べることができるが、誓願の供え物、または自発の供え物として主に携えていた石をもってまた七日のあいだ守った。時に軍勢の長はアミシャダイの子アヒエゼルの供え物である。シバから、わたしを助けるために上ってきてわれわれを野で攻めましたがモアブの領域には、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる