ふるさと納税で日本を元気に!

甲村悠奈さんに送る雅歌

甲村悠奈さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

わたしの魂を死から救い、この町の不義のつまずきであった者がなかったなら、そこにはいり、ちまたにおり、追い使う者のゆえによるのですか、はなはだしく怒っていられるからであるあなたを、とこしえのしるしとなるではないと思ったのです。なぜなら、わたしはさまよう者のような心のある勇ましい人であって長くは続かないであろうと言われ、かつ喜ばれたように七年の大豊作があり、断食、嘆き、叫びが起り、傷ついたものを。なぜ、そのようであったらよいのだが、見よ、炉の火で焼き、その灰をベテルに持って来なさい。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる